1. 眠れない人に。ルネスタで安定した睡眠を   >  
  2. ルネスタの副作用とは

ルネスタの副作用とは

薬の副作用

睡眠薬・睡眠導入剤のなかでは、副作用や依存性は比較的少ないとされる「ルネスタ」ですが、有効成分の特徴や懸念されるリスクについては十分理解しておくことが大切です。

まず「ルネスタ」の主成分はエスゾピクロンと言われるもので、よく似た成分の薬で「アモバン」があります。不眠症の処方薬としては「アモバン」が先にありましたが、強い苦味が特徴でした。
「アモバン」を改良し、有効成分は半分なのに効き目はそのまま開発されたのが「ルネスタ」。「アモバン」の苦味がないので、「ルネスタ」に切り替える人も多いそう。

同じ効果でありながら半分の有効成分で済む、というのも「ルネスタ」の大きなメリット。
量が少ないので体内に留まる時間も短く、服用が長期に渡っても依存の危険性が低いので安心して服用できます。

では「ルネスタ」にはどういった副作用やデメリットがあるのでしょうか?
注意すべき副作用としては、眠気、めまい、頭痛、味覚異常、発疹といった症状が挙げられます。また、まれにですが入眠までのことや途中覚醒したときを記憶していないという症状も懸念されるので、服用・睡眠にあたっては十分な注意と環境づくりが必要だと言えます。

「ルネスタ」は即効性が高いので、就寝準備を整えてから服用することが大切。
催眠効果によって入眠を促してくれるので、薬の効果が切れるまでの数時間は車の運転や機械の操作も控えなければなりません。

期待される効果が大きければ副作用の心配もつきものですが、特徴を理解し用法や用量を守って服用すれば、安心して不眠症の治療ができるのが「ルネスタ」です。リスクを抑えて、安定した睡眠を手に入れたいものですね。