1. 眠れない人に。ルネスタで安定した睡眠を   >  
  2. 初めての睡眠薬にルネスタ

初めての睡眠薬にルネスタ

どの薬がいい?

睡眠薬と聞くと、「副作用が怖い…」「朝起きられるか不安」といったマイナスな印象を持っている人も多いでしょう。
睡眠薬や睡眠導入剤のバリエーションは豊富にありますが、症状に合った薬を服用すれば適切な効果が期待できます。薬の特徴や副作用などを正しく理解し、安定した睡眠に役立てたいですね。

日本国内で使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系に分類されるものがほとんどで、ほかにはメラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬などがあります。
非ベンゾジアゼピン系は、ベンゾジアゼピン系を改良し開発されたもの。味覚異常や倦怠感といった副作用が軽減されているというメリットがあり、「ルネスタ」もそのひとつ。
依存性のリスクも少ないので、睡眠薬をはじめて使ってみるという人でも安心して服用できます。

「ルネスタ」の特徴としては、

1、睡眠導入作用や鎮静作用が高い
起きている状態から入眠までの時間が短く、ストンと眠れる感覚がある。

2、 睡眠維持作用が期待できる
国内での臨床試験によると、入眠後に覚醒する時間・回数ともに減少傾向。

3、抗不安の作用は比較的弱い
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴として、ふらつき・めまいなどが出にくく、幅広い年代の人に使いやすい。

4、依存性が少ない
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の穏やかな作用により、依存性が軽減。

などが挙げられ、睡眠薬に対して不安なイメージを持っていた人にも試しやすい成分でできています。また、ほかの短時間作用型の薬と比べて少なくても同程度の効果が発揮されるので、体内に成分が残りにくいというのもうれしいポイント。
不眠の状態は改善したいけど副作用が気になるという人は、まずは「ルネスタ」から始めてみては。