1. 眠れない人に。ルネスタで安定した睡眠を   >  
  2. 睡眠障害をタイプ別に見る

睡眠障害をタイプ別に見る

チェック項目

ひとくちに不眠症といっても「寝つきが悪い」「途中で目が覚めてしまう」など、人によって症状はさまざま。
症状や個人の生活サイクルによって、睡眠薬・睡眠導入薬との相性もまちまちなので、自分はどのタイプの不眠なのかチェックしてみましょう。

1、入眠障害
眠ろうとしても30分〜1時間以上経っても眠れない
2、中途覚醒
いったん眠りについても、翌朝までに何度も目が覚めてしまう
3、早朝覚醒
起床時刻の2時間以上前に目が覚めて、そのあと眠れない
4、熟睡障害
眠りはじめの睡眠(ノンレム睡眠)が浅く、睡眠時間のわりに熟睡感が得られない

このように、不眠にはいろいろな症状があります。
「不眠症かも・・」と感じたら、まずは自分で眠くなれる体づくりを心掛けることが大切です。

・ぬるめの湯船に浸かったり、筋肉をほぐすトレーニングをして体をリラックスさせる。
・ストレスの原因をさぐる。
・規則正しい食事や日中の適度な運動、寝る前のスマホを控えるなど、体内リズムを整える。
・アメリカンチェリーやケールなど、メラトニンを多く含む食品を夕方に摂取する。

など、眠りやすい体になるためのポイントはいくつかありますが、それでもダメだという人は睡眠薬や睡眠導入剤の服用が必要となってきます。
睡眠薬治療の経験がない人や症状が比較的軽度の人には「ルネスタ」がおすすめですが、不眠のタイプ別に見ても、

・入眠障害、中途覚醒、熟睡障害の人
・時差や不規則な生活が原因で不眠になってしまった人
・睡眠薬の副作用が心配な人

に当てはまる人は、脳への鎮静作用を発揮して睡眠へ促してくれる「ルネスタ」が適しているとされています。
自分の症状をきちんと把握して、適切な睡眠薬選びをしたいですね。